就職活動を焦らずじっくり落ち着いて行うためのお役立ち就職関連情報サイト

福祉の仕事に就くには



専門知識が欠かせないため、福祉関係の仕事にはそれぞれの資格が必要です。
困難な勉強をしなければならないものもあります。

社会福祉士の場合は国家試験が必要になります。
社会福祉養成施設で社会福祉士の試験資格を得て試験を受けるか、福祉系大学で指定の単位を取ることによって、社会福祉士になれます。

精神保健福祉士は、年1回行われる国家試験に合格する事が必要な資格です。
精神保健福祉士の資格を得る国家試験を受けるには条件があり、精神保健福祉士養成施設か保険福祉系大学を卒業しなければなりません。
または指定施設で福祉関連の仕事経験を積んだ上で養成施設を卒業する方法もあります。
通信制などを設けている福祉系学校もあり、福祉関連の仕事をしながら勉強をして資格を取得する人も多いようです。

福祉事務所長によって推薦を受け、県や政令指定都市から業務を委託されて従事する仕事が知的障害者相談員となります。
業務の委託期間は2年間となっています。
福祉施設に就職するという形ではなく、自分の住まいを軸に地域に密着した活動をしています。知的障害者相談員は、知的障害者の家族などから選ばれることもあります。
これまでの経験を生かし、地域の知的障害者の生活を助けるための活動を期待されているのです。

福祉の仕事について知りたいという時は、ネットの福祉関係のサイトを参照するといいでしょう。福祉に関する仕事や資格について書かれた本もあるので、図書館や本屋で調べるという手段もあります。

福祉の仕事に就くには関連エントリー

短期の仕事のメリット
就職活動をしてゆく上でのお役立ち就職関連情報をご紹介しております。
短期の仕事のデメリット
就職活動をしてゆく上でのお役立ち就職関連情報をご紹介しております。
福祉の仕事に就くには
就職活動をしてゆく上でのお役立ち就職関連情報をご紹介しております。
福祉の仕事について
就職活動をしてゆく上でのお役立ち就職関連情報をご紹介しております。
福祉の仕事に求められるもの
就職活動をしてゆく上でのお役立ち就職関連情報をご紹介しております。
inserted by FC2 system